日々に役立つ酵素の話

体内の酵素

酵素は体内でどのように働くのか?

私たち人間は生きていくうえで呼吸をし、食物を摂り、エネルギーを消費し、排泄を行い、種の保存の為に生殖活動を行います。これら生命を維持する活動のあらゆる場面で酵素が深く関わっています。体内のあらゆる臓器に酵素は存在し、体内でおこる様々な化学反応に対して触媒として機能します。

触媒とは化学反応の際特殊な働きをして反応速度を速める物質で、触媒自身は科学反応の前後には変化しません。また反応によって消費されても、反応が終われば再生され一定の量を維持しています。

人の体内には発見されているだけで約3000種類もの酵素が存在し、それぞれの酵素には特定の働きがあり、現在も日々新しい酵素の発見がなされています。代表的な酵素である「消化酵素」は食べたものを人体に必要な物質に分解し変化させるために働きます。つまり、消化酵素が無いと、食べ物として摂取したものは消化も排泄もされずにただ体内にとどまっているだけなのです。

酵素があってはじめて、消化、分解され生きていくうえで必要な物質に変化し、その結果として不要なものは排泄物としてまとめられ体外に排泄されます。このように酵素が無くては生物は生きていくことができません。生きるうえで最も大切な物質であると言えるのです。

多くの酵素は体内で作り出されるたんぱく質をもとに作られています。したがってたんぱく質と同様熱やphによって変性し、死んでしまうといった特長を持っています。また体内で産出される酵素意外にも食べ物から摂取できる酵素もあります。