日々に役立つ酵素の話

体内の酵素

SOD

人体に悪影響をもたらす物質として活性酸素の存在は世の中に広く知られるようになりました。本来活性酸素とは細菌やウィルスを攻撃し、身体を守るために働きます。しかし活性酸素が過剰に生成されると今度は正常な組織細胞まで攻撃してしまいます。

この結果生活習慣病やガンなどの原因になると考えられています。この活性酸素を除去してくれるのがSOD酵素(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)と言います。SOD酵素は体内で産出されますが、個人差がありまた加齢などによってその産出量は減少していきます。

一般的にSOD酵素は40歳頃を境目に活動力が低下し、生産量も減少していくことが報告されています。これによって活性酸素や過酸化脂質(酸化した脂肪)が人体に及ぼす悪影響に抵抗出来なくなってきます。その結果しわやシミといった老化の原因となったり生活習慣病やガンにかかるリスクを高めることになると考えられています。

対抗策としては食物による抗酸化物質の摂取により活性酸素の除去が効果的です。天然の抗酸化物質としては野菜や果物に多く含まれるビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEやベータカロチンがあります。これらの抗酸化物質はSOD酵素と同様の働きがある事が確認されています。これらは人体に有効な酵素と同様の働きをするため補酵素とも呼ばれています。

また喫煙や飲酒、寝不足によっても活性酸素の量が増加する傾向にあるので、普段の食生活同様の働きがある事が確認されています。これらは人体に有効な酵素と同様の働きをするため補酵素とも呼ばれています。