日々に役立つ酵素の話

食料品として利用される酵素

酵素ダイエット

最近ネットを中心に話題になっている酵素ダイエットと言う言葉があります。一体酵素ダイエットとはどのようなダイエット方法を言うのでしょう。一般的に酵素ダイエットとは酵素飲料を飲みながら体質改善をして痩せるというダイエット方法です。運動が苦手な人などに人気のダイエット方法ですが本当に効果はあるのでしょうか?

外部からの摂取で体内に取り入れて有効に働くのは消化酵素とビタミンB群やベータカロチン、コエンザイムなどの補酵素と呼ばれるものです。消化酵素は生野菜や果物に多く含まれ、また補酵素はサプリメントや医薬品として入手可能です。しかし酵素はたんぱく質から出来ているため熱に弱く、加熱した野菜や果物(ジャムやコンポートなど)から摂取することは困難です。

また代謝酵素などは酵素そのものをサプリメントや加工食品で摂ったとしても胃や腸で分解されアミノ酸になります。しかし、その生成されたアミノ酸が体内で再度必要なたんぱく質に合成しなおされるので、間接的に酵素を活性化させる働きがあると言えるでしょう。こうして酵素を有効的に活性化させ、代謝を上げて太りにくい体質を作るというのは一見すると理にかなっているようです。

しかし、注意しなければならないのは体内の細胞を活性化させて代謝を促すためには物を噛むという行為がとても重要だということです。噛むという行為は脳にダイレクトに刺激を与え、血流を潤滑にします。酵素飲料を飲むということはこの噛むという行為がおろそかにしかねない危険性があります。また酵素飲料を飲んでさえいれば良いという間違った思い込みでダイエットを続けると偏食や栄養失調を招きかねません。酵素ダイエットのうたい文句には「運動が苦手な方に」といった文字が良く見られます。

しかし適度な運動も脳に良い刺激を与え、代謝を促進するのにとても重要です。正しいダイエットとはバランスの良い食事と適度な運動で基礎代謝と摂取カロリーのバランスをとりながら行うべきものです。なので安易な宣伝文句を過信せずに専門医に相談の上正しいダイエットを心がけましょう。