日々に役立つ酵素の話

日用品に含まれる酵素

化粧品

化粧品にも酵素は利用されています。主に配合されているのは消化酵素の類です。消化酵素の働きで皮膚に溜まった古い角質やたんぱく質汚れを分解し、美肌を保つのが狙いです。良く見かけられるものにパパイン酵素があります。

パパイン酵素とはパパイヤから見つかったことからネーミングされました。食品では肉を柔らかくするために添加物として利用されることが良く知られていて、化粧品への配合も皮膚を柔らかくしてハリを持たせるために配合されています。

同様の効果がある酵素にプロメラインがあります。こちらはパイナップルの果実に豊富に含まれています。またセラミドも化粧品に多く含まれる物質です。セラミドは保湿成分の一つで細胞膜を構成している成分です。セラミドの生体作用で最も化粧品としての効果で期待されているのが酵素を介することにより細胞膜からセラミドが遊離させ、シグナル伝達物質として分化、増殖、プログラム細胞死(PCD)、アポトーシスをコントロールすることが判明しています。

このためにセラミドは細胞死のメッセンジャーと呼ばれることもあります。肌の弱い人はセラミドの合成障害によりアトピー性皮膚炎を起こしうるので化粧品の使用後肌に異常が出た場合は使用を中止し、医師に相談しましょう。

泥パックや海藻パックなども泥や海藻に含まれる豊富なミネラルと酵素の働きを直接肌に塗布することで浸透させ、肌の健康状態を良好に維持、改善させるためのものです。