日々に役立つ酵素の話

日用品に含まれる酵素

お風呂で活躍する酵素

入浴剤にも酵素が含まれる商品が沢山あります。また、浴室で使う石鹸やシャンプー、ヘアコンディショナーにも天然型酵素配合と言うセールス文字が並んでいます。配合されている酵素は化粧品同様消化酵素でパパイン酵素は良く見かけます。

パパイン酵素は食品にも利用されている(主に肉を柔らかくする目的で使用)ので人体への影響の点から見ても安全性の高い酵素であると言えるでしょう。酵素配合の入浴剤を用いる場合、ぬるめのお湯(37度から38度前後)でゆっくりと浸かることが大事です。

ぬるめのお湯にゆったりと浸かることで心身共にリラックスして、発汗作用により肌の老廃物を排出して入浴剤の有効成分を浸透させます。またリラクゼーション効果で入浴後は質の良い睡眠をとることが可能になります。

また体内をゆっくりと温める事により代謝を促し、血流を上げ酸素を身体のすみずみまでいきわたらせることが出来ます。また入浴用の塩を併用することで更に効果を上げることが出来ます。

塩の脱水効果で体内の老廃物の排泄を促進させ、入浴剤や塩に含まれるビタミンやミネラルの浸透をより効率良く行うことが出来るためです。入浴は睡眠の3時間前ぐらいに行うのが理想的です。