日々に役立つ酵素の話

医薬品に含まれる酵素

抗菌剤

ペニシリン系の抗菌剤は細菌の細胞壁合成酵素を阻害します。ペニシリンの作用は強い殺菌性を持ちます。細胞壁が作れなくなってしまった細菌は細胞膜のみでも生存は可能ですが、細菌自体が持つ増殖活動に耐え切れなくなってしまい、やがて自滅してしまいます。

したがって細菌が活発に増殖している時ほど効果が強くなります。ペニシリンの働きは細菌の細胞壁の合成能力を妨害するために限定されるので重症な肺炎のもとになるマイコプラズマというカビは細胞壁を持たないために効き目がありません。同様に性病の一種の原因となるクラミジアに対しても無効です。

セフェム系の抗生剤もペニシリン系同様に細菌の細胞壁合成酵素を阻害します。ペニシリン同様マイコプラズマやクラミジアには無効です。開発経過と共に第1世代から第3世代へと世代が進みます。世代が進むにつれ抗菌スペクトル(効き目のある菌の種類の範囲)が広くなり、また抗菌力も強くなります。また体内に残留する期間も長くなっていきます。

ニューキノロン系の薬剤は細菌のDNA合成に必要な酵素であるDNAgyraseを阻害し、DNA複製を抑制し増殖を阻止します。作用はとても強い殺菌性を持ちます。ペニシリン系やセフェム系の抗菌剤は微生物により生成される薬剤で抗生物質と呼ばれます。これに対してニューキノロン系の抗菌剤は合成によって作られるもので化学療法剤と呼ばれます。

ニューキノロン系化学療法剤は非常に多様な菌に対して効果があり、セフェム系抗生剤の効かないといわれている緑膿菌や呼吸器疾患に強くβラクタムに耐性を持つ菌、尿路感染症に対しても高い抗菌性を持ちます。このように効果を示す範囲が広いことを抗菌スペクトルが広いという表現をします。