日々に役立つ酵素の話

体内の酵素

酵素の話

酵素について記載しています。私たちの体内では日々、食料として口から摂取したものを栄養素として分解吸収しながら生きていきます。しかし、口から入ってくる食べ物は胃や腸で「分解」されるまでは「異物」なのです。

その異物を「分解」という化学反応で栄養として、あるいは様々な生命維持に必要な物質に変化させるための化学反応が絶えず繰り返されています。この科学反応が起こる際に「触媒」として働くのが「酵素」の働きです。

人の体内には現在3000種類の酵素が発見されていて、それぞれの酵素は独特の働きをします。つまり、一つの酵素は一つの働きしかしないのです。、しかし、この酵素たちこそがいてくれてこそ、私たちの命は明日へとつながっていくのです。酵素は私たちの体内で物質(食べ物など)を消化する段階から吸収、代謝、排泄にいたるまでのあらゆる過程に深くかかわっています。

多くの酵素は体内で作り出されるたんぱく質を基に構成されています。体内を一つの大きな機関と考えると、核酸塩基配列をあらわすゲノムが設計図に相当し、酵素は工具類に例えることができます。酵素はある特定の物質のみに作用し、一定の目的の化学反応だけを進行させる性質を持っています。

この酵素の特徴が仲介となり、異物を有効な物質に変える際に触媒となってより円滑に効率よく体内に分解、吸収、代謝、排泄が行われるのです。したがってこの酵素が無ければ私たちは生きていけないと断言出来るのです。また私たちが食品として摂取するビタミンやミネラルの多くは補酵素(ほこうそ)と言って、酵素の働きを補助するために働きます。古来から人類は発酵と言う形で酵素を利用してきました。

現在では酵素の利用は食品製造だけにとどまらず、化学工業製品の製造や日用品の機能向上などさまざまな分野にりようされています。医療の分野においても酵素量を検査して診断に用いたり、酵素の作用を調整する医薬品の開発によりさまざまな病気に対処する事が可能になっています。